<< ”沈殿するかどうか”は覚えるしかないのか? | main | エッチな周期表 >>

スポンサーサイト

0
    • 2012.07.03 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    化学結合とは何だろう?

    0



      化学結合には、いろいろある。


      高校化学では、
      共有結合、イオン結合、金属結合、分子間力の4つだ。

      毎年、中3の生徒に化学結合を教えているが、
      教えている側から見ても、
      あまりおもしろい授業ではない。

      ちょっと何とかしたい。



      おもしろい授業、というのは意外につかみにくいが、
      スマートで美しい授業、というのは追究しやすい。

      スマートで美しくなるように、いろいろと練り直してみよう。



      "電気陰性度"


      こいつを使えば、かなりスマートになるはず。



      高校化学では地味な扱われ方をしている電気陰性度は、
      電気陰性度とは何だろう?


      私が辿りついた電気陰性度の最高のイメージ。


      それは・・・



      ジャイアン!!


      そう、電気陰性度はジャイアンだ。

      何を言っているか分からない、と思うがついてきてほしい。
      電気陰性度はジャイアン度と考えれば、うまくいく。

      ジャイアンの性質は、

      「オレのものはオレのもの」

      「お前のものもオレのもの」

      "もの"にあたるのが、電子だ。
      ジャイアン度が高ければ、電子を独り占めできる。

      電子を独り占めする、つまり電子を引きつける。
      この電子を引きつける力の強さを電気陰性度と呼んでいる。


      さてさて、

      電気陰性度のイメージはわいてきたと思うが、
      化学結合と電気陰性度はどう結びつくのだろうか?

      というか、

      化学結合てそもそも・・・

      (次回につづく)


      スポンサーサイト

      0
        • 2012.07.03 Tuesday
        • -
        • 18:10
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        282930    
        << April 2019 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM